「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

よめぼく

よめぼく原作結末ネタバレ!あらすじ付きで感想をご紹介!

よめぼく原作結末ネタバレ!あらすじ付きで感想をご紹介!

『よめぼく原作結末ネタバレ!あらすじ付きで感想をご紹介!』をお送りしていきます。

森田碧さんによるベストセラー小説『余命一年の僕が、余命半年の君と出会った話。』の映画化が決定しましたね!

SNSでは、「涙無しで読めない」と言われている映画の原作ですが、これ、マジな話です。

筆者も小説を読みましたが、ティシューとゴミ箱は手放せませんでした。

「よめぼく」はタイトルから話の内容が予想できちゃうとは思うのですが、結局のところ結末はどうなったのか、気になる方も多いはず。

そこで今回は、原作小説を実際に読んだ筆者が、結末のネタバレをしていきたいと思います。

秋人と春奈はお互いの気持ちを伝えあえたのか。

両想いになってハッピーエンドなのか。

余命宣告通りに死んでしまうのか。

どちらが先に亡くなるのかのか。

気になる所をあらすじ付きで感想を交えながらご紹介します!

ネタバレ記事になりますので、内容を知りたくない、やっぱり自分で小説を読もうという方は閲覧をお控えく下さいね。

 

よめぼく原作結末ネタバレ!

では早速気になる結末をネタバレしちゃいます!

 

よめぼく原作結末ネタバレ|春奈と秋人は死んでしまう?

タイトル、「余命一年の僕が、余命半年の君と出会った話。」を見るとお分かりの通り、「僕=秋人」「君=春奈」で、春奈の方が余命は短いです。

で、早速結論を言っちゃいますと、タイトル通り、春奈の方が先に亡くなります。

春奈は17歳の冬に天国へと旅立ちました。

その後、秋人も心臓の腫瘍が背骨に転移し、病状が悪化。

秋人は19歳で亡くなります。

 

よめぼく原作結末ネタバレ|春奈の期限付きの恋は実った?

春奈は自分の病室で秋人と一緒に花火を見る約束をします。

ですが、花火大会の数日前に、秋人は倒れてしまい、入院してしまいます。

秋人が入院したのは、春奈の病室がある4階の一つ下の階。

同じ病院に入院してしまいますが、秋人は春奈に自分が心臓のガンで余命1年だということを打ち明けていませんでした。

なので、春奈に会うことができませんでした。

花火大会当日、花火が打ちあがる中、秋人は春奈に電話をかけ、約束を守れなかったことを謝ります。

違う場所からではありますが、二人は同じ花火を同じ病院の違う病室から眺めています。

電話をすることで、まるで一緒に見ているかのような間隔になります。

春奈はこの電話で秋人に告白をしましたが、丁度花火のクライマックスを迎えるタイミングと重なり、花火の爆音で、秋人には春奈の告白が届きませんでした。

春奈は直接秋人に気持ちを告げられないまま、亡くなってしまいます。

 

よめぼく原作結末ネタバレ|秋人の期限付きの恋は実った?

秋人は、花火大会での春奈の告白が聞こえませんでした。

ですが、春奈は亡くなる間際にスケッチブックを切り取って、秋人に手紙を書いていました。

それを春奈が無くなってから、春奈の母親から受け取ります。

春奈からの手紙の文章の最後にはこう書かれてありました。

それから最後に、秋人くんに伝えたいことがあります。

 

手紙はこの文章で終わっていました。

裏にもどこにも、手紙の続きは書いてありません。

ただ、手紙には、文章と一緒に3本のガーベラの絵が描かれているだけでした。

秋人は、春奈言っていた「一分でも一秒でも長く生きる。」という言葉に感銘を受けて、ずっと拒んでいた手術を受ける覚悟を決めます。

手術後の入院生活でもずっと春奈のことを考えていた秋人。

なんとなく、ネットで春奈のフルネームを入れて検索してみます。

すると、一つのブログが検索結果にヒットしました。

そのブログは紛れもなく、春奈が書いたブログでした。

最後から二つ目のブログにだけ、カギがかけられて開けないものがありました。

秋人はカギがかかったブログを除く、すべてのブログを最初から一つ一つ読み、すべてにコメントを返していきます。

ブログには、花火大会の日のことも書かれていて、秋人に気持ちを伝えたとも書かれていました。

ここで、秋人は春奈の気持ちを受け取り、直接聞きたかったなと返事を書きます。

秋人は、春奈と一緒に学園祭を楽しんだ後の病室で、春奈から最後にやり残したことがあって、恋をしてみたかったと打ち明けられていました。

春奈のブログでは、この出来事もつづられていました。

そして秋人は、あの時に俺の気もちを伝えるべきだった、春奈もきっと待っていたよねとコメントを残します。

結局、秋人は春奈に直接自分の気持ちを伝えられないままになっていました。

ただただ、あの時気持ちを伝えればよかったと、後悔を残していました。

 

よめぼく原作結末ネタバレ|3本のガーベラの意味は?

秋人は、春奈からもらった3本のガーベラの絵が描かれている手紙にあるという、春奈の気持ちがずっとわからずにいました。

秋人も春奈も結局最後まで言いたいことが言えないまま終わっていまったのです。

心臓の手術を受けた後、退院した秋人は春奈のお墓参りに出かけます。

墓地に行く前に、いつもの花屋に立ち寄り、仏花を買おうとします。

この時に、花屋のおばさんに3本のガーベラの意味を訪ねました。

そして、花屋のおばさんから、3本のガーベラの意味は、「あなたを愛しています」と言う意味があることを教えてもらいます。

ここで初めて、春奈の気持ちは秋人にちゃんと伝わりました。

秋人、いうまでもなく花屋で大号泣。

春奈もまた、自分と同じように『期限付きの恋』をしていたことを知った秋人は、仏花を買うのをやめて、3本のガーベラを買って春奈の墓前に供えました。

そして、春奈が書いた最後のブログにコメントを残します。

僕も春奈を愛していますと。

 

よめぼく原作のあらすじと感想をご紹介!

結末をご紹介してきましたが、いかがでしたか。

秋人と春奈、結局は生きている間にお互いの気持ちが通じ合うことはありませんでした。

手紙に隠された春奈からの愛のメッセージ。

花言葉で伝えるなんて、なんて素敵なのでしょう。

3本のガーベラの意味にたどりつくまで歳月を要してしまった秋人ですが、ちゃんと春奈の気持ちを受け取れ、春奈のブログに愛していますと書き残したことで、やっとお互いに気持ちを伝えあえました。

このもどかしすぎ過ぎる恋とガーベラの美しさと言ったら。

ガーベラに何度も泣かされました。

原作では物語はここでは終わりません。

春奈の死後の秋人の人生は、春奈の親友、綾香目線で語られます。

綾香もまた、春奈からスケッチブックを切り取った手紙をもらっていました。

そこには、秋人の支えになってくれという春奈の願いが書かれていました。

春奈の影響を受け、手術に臨んだ秋人。

ですが、転移がみつかり、入院します。

その病室がなんと春奈が入院していた病室でした。

春奈の頼みもあって、綾香は以前よりも秋人を気にかけるようになり、度々、ガーベラを買って秋人のお見舞いに行っていました。

そして、花火大会日も、ガーベラを買ってお見舞いに行きました。

病室から綾香と一緒に花火を見ながら、秋人は春奈を思って涙を流します。

そこで、綾香は春奈が無くなって2年たつ今でも、秋人が春奈を好きなことを知ります。

病状が悪くなる秋人のお見舞いの前に、綾香もまた、かつて秋人がそうしていたように花屋によってガーベラを買います。

そして、以前秋人と一緒に春奈のお墓詣りに行った時に、秋人が3本のガーベラを備えていたのを思い出いだし、花屋のおばさんに3本のガーベラの意味を訪ねます。

意味を知った綾香は、病室で眠る秋人の指の爪にネイルを施すのでした。

中指に赤、薬指に黄色、小指にオレンジ。

綾香は秋人に恋をしていました。

綾香の場合は、言うならば「期限付きの片思い」です。

綾香は、秋人が無くなる3日前に、春奈のブログの存在を伝えられていました。

鍵のかかったブログには、2つのコメントが付いています。

秋人の命日に3本のガーベラを持って、秋人のお墓参りに行った綾香。

家に帰って久しぶりに春奈のブログを開き、鍵のかかったブログのパスワードを入力してみます。

やっと、鍵を開けることができ、内容が分かりました。

そこには春奈が明人の病気を知ってしまったことがつづられていました。

そして、秋人のコメントも。

そのコメントは、秋人が亡くなる3日前に書かれたもので、爪に3本のガーベラの落書きがあるとつづられていました。

そして、書いた人も綾香だと分かっていました。

でも秋人は、綾香が3本のガーベラの意味を知らないと思っていて、綾香の気持ちに気づくことはありませんでした。

綾香もまた、ブログにコメントを書き残します。

春奈と秋人に向けて、天国で幸せになってねと。

今度は期限なんてないからねと。

そして、自分は精一杯生きることを誓うのでした。

秋人は春奈と出会う前は絶望的で何もやりたくないと言う感じでした。

でも、春奈が死の直前まで自分の病気と向き合って戦う姿を目の当たりにし、変わりました。

この小説は、生と死を絡めながら、日々一生懸命生きる姿、そして、たとえ余命わずかでも恋をすることは素敵なことだなと思わせてくれる作品でした。

また、恋をした相手が余命わずかだからと言って、恋をしてはいけないということはなく、自分の気持ちをちゃんと伝える事やそのタイミングって大事だなと思わせてくれました。

 

まとめ

『よめぼく原作結末ネタバレ!あらすじと感想もご紹介!』と言うテーマでお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

筆者はこの記事を下記ながらも、作品を振りかえってまた泣いちゃいました。

結末では春奈と秋人の恋だけではなく、春奈の親友の綾香の恋も描かれています。

いずれの恋も実ることはなかったけど、気持ちは3本のガーベラで伝え合うことができました。

描写がどれだけ素敵かは、是非、原作小説を読んで味わってみて欲しいと思います。

以上、『よめぼく原作結末ネタバレ!あらすじと感想もご紹介!』でした!