「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

ドラマ

SHOGUN将軍の最終回結末ネタバレ!ラストは鞠子が死ぬ?

SHOGUN将軍の最終回結末ネタバレ!ラストは鞠子が死ぬ?

『SHOGUN将軍の最終回結末ネタバレ!ラストは鞠子が死ぬ?』と言うテーマでお伝えしていきます。

Disney+(ディズニープラス)で視聴できる「SHOGUN将軍」ですが、実はリメイク版ということをご存じですか?

実は、1980年に小説「SHOGUN」をアメリカで実写ドラマ化しているんですよね。

当時、合計9時間のミニドラマだったにも関わらず、驚異的な視聴率をたたき出したことで、アメリカでは有名なドラマなんです。

今回の「SHOGUN将軍」はリメイク版ということですが、最終回の結末は原作小説や44年前のドラマと同じ展開になるのでしょうか。

結末が気になったので、原作小説や前作ドラマの結末がどうだったのかを探ってみたので、結末が気になる方は最後までご覧になってくださいね。

それでは、『SHOGUN将軍の最終回結末ネタバレ!ラストは鞠子が死ぬ?』を最後までお楽しみください♪

 

SHOGUN将軍の最終回結末ネタバレ!

原作小説である「SHOGUN」は、ジェームズ・クラベルが書いた歴史小説であり、登場人物は史実の徳川家康とウィリアム・アダムスをモデルにされています。

そしてもちろんリメイク版である「SHOGUN将軍」にも、歴史に名を遺した人物をモデルにした登場人物が多くできます。

まずはざっくりあらすじをさらっちゃいましょう。

 

SHOGUN将軍のあらすじ

物語は、オランダの軍艦が漂着するところから始まります。

船に乗っていたのは、イングランド人航海士のジョン・ブラックソーン。(とその仲間)

ジョンブ・ラックソーンは、史実のウィリアム・アダムスこと三浦按針がモデルとなっている人物です。

ジョン・ブラックソーンの来日目的は、日本の外交相手がポルトガル(カトリック国)だらけな中、イングランド(プロテスタント国)を外交相手にして、日本とイングランドの交易の道を切り開くことでした。

自分がその立役者となり、地位を確立しようという野望を持っていたのです。

ですが、思いがけず乗っていた船が難破し、船は浜に漂着。

漂着した村で、樫木央海らに捕らえられ、叔父で伊豆の領主である樫木藪重の前に連れて行かれ、この時の通訳に海賊の汚名を着せられ、拘束されてしまいます。

そんな中、関東の大名、吉井虎永は、難破船の話を知り、大阪にジョンを呼び寄せ、面会。

吉井虎永は、史実の徳川家康がモデルとなっています。

吉井虎永は、ジョンの通訳に戸田鞠子を抜擢。

鞠子のモデルは、史実の細川ガラシャ。

海賊ゆえ処刑すべきと言う意見が多い中、永虎は臆せず説明するアダムスを気に入ります。

ジョンは、永虎をはじめとする日本の武士を通じて、武士道の精神や文化を深く学び、感銘を受けていきます。

ジョンは永虎の窮地を救ったことから、自分の家臣として任命し、旗本を名乗るように命じます。

この時、お嫁さんもゲット。

さらに、外国戦術の指導者に任命するのでした。

以降、ジョンは「按針」の日本名で呼ばれることになり、虎長が覇権を握っていく過程を目撃することになります。

また、鞠子との関係も親密になり、恋愛面も盛り上がっていく感じです。

でも、鞠子には夫、按針には一応嫁がいるんですけどね…。

 

SHOGUN将軍第7話ネタバレ感想

第4話で石堂の死者たちを大砲で斬殺した永虎の息子、長門でしたが、第5話では大砲の指揮権をはく奪されました。

そんな問題児の長門が、第7話のラストでまたもややらかしてくれます。

遊女と遊んでいた信辰の不意をつくため、私兵を連れて御茶屋に乗り込んだのはいいものの…。

物語を引っ掻き回すだけ引っ掻き回して退場された(お亡くなりに)長門。

これが長門の宿命だったのでしょうか。

親の永虎から何も学ばなかったのが彼の罪なのではないでしょうか。

いやしかし、第7話はちょっと頼りない永虎様の姿が見られます。

余裕がないって感じでしょうか。

その反面、女性陣が凛としていてとても際立っていますよ♪

藤が槍の練習をするシーンなんかとても素敵ですし、鞠子の名言も。

芯が強い女性が描き出されているので、素敵だなと思えるシーン満載です。

 

SHOGUN将軍の最終回結末ラストは鞠子が死ぬ?

第4話でジョンと鞠子のロマンスが描かれていましたが、この二人、結ばれることはあり得るのでしょうか。

結末はハッピーエンドが良いのですが、そうでもなさそうな雰囲気です。

なぜなら鞠子の史実モデルは細川ガラシャ。

細川ガラシャと言えば、戦国時代の武将である明智光秀の娘で、織田信長のすすめで細川忠興に正室として嫁いだ女性です。

明智光秀と言えば、謀反を起こし、本能寺の変で織田信長を倒した人物。

そんな明智光秀の娘ということで、一時幽閉されるなど、とっても辛い時期があったんですよね。

そんな時に心のよりどころとしてキリスト教を振興し、洗礼を受け、ガラシャと名乗ります。

関が原の戦いでは、ガラシャの夫である細川忠興が東軍につきます。

西軍の石田三成は、細川忠興の屋敷に残っていたガラシャを人質に取ろうとして屋敷を取り囲みました。

しかし、ガラシャは夫の武名を守るために、人質となることを拒絶し自害しようと考えます。

しかし、キリスト教では自殺大罪。

なので、家臣の手により自らの命を絶つという壮絶な人生を送りました。

そう、細川ガラシャは夫を守るために自ら死を選んだ女性。

つまりこの作品でも鞠子も自ら死を選びそうです。

予告にある「覚悟はできておりまする。」と言うセリフが物語っているのではないでしょうか。

現に、1980年に実写化されたドラマでも、石堂側の猛襲を受けた際に、鞠子はジョンの犠牲になり自ら死を選んだのです。

鞠子が残した手紙には、それが自分の運命であり、そのことで、ジョンや虎永の役に立ちたかったと記されてありました。

なので、リメイク版でも鞠子の死は避けられないのではないかと思います。

守りたい人のために死を選ぶという、ある種の美談ですから、ここはストーリーを変えず描かれることでしょう。

正室や側室がいる時代ですし、結婚と言えば政略結婚が当たり前の時代だからこそ、鞠子と按針の恋愛模様をもっと見ていたかった気持ちもありますが。

そして鞠子が犠牲になるシーンはラストより少し手前になりそうな感じです。

エピソード7辺りになりそうな予感…。

この物語の骨子は、日本に漂着した航海士のジョンが、永虎に気に入られ、按針と言う武士として生きていく人間ドラマです。

青い目の侍と呼ばれたウィリアム・アダムスをモデルにしているストーリーですから、ジョンが苦悩や葛藤を乗り越えて一歩踏み出すところを感動的に描いていのです。

史実のウィリアムは本国に妻子がいたそうで、帰国したがってたそうです。

でも家康が認めてくれなかったんですって。

愛する家族の元に帰れず、侍として日本で生きる決意って、並々ならぬ決意ですよね。

そんなウィリアムの心情をジョンにも投影されていることと思います。

 

まとめ

『SHOGUN将軍の最終回結末ネタバレ!ラストは鞠子が死ぬ?』をお伝えしてきましたがいかがでしたか?

原作からすると、物語の結末は、按針が日本で侍として生きていくといういうことになります。

日本で初めて侍になることを認められ、日本人として生きていくという人間ドラマが描かれているんですが、ラストまでにはたくさんの苦悩や葛藤も描かれます。

按針の通訳をしていた鞠子は、石堂の襲撃で、按針を守るために自ら命を絶ちます。

それが自分の宿命であり、永虎のお役に立てるからと言う理由で。

ラストまでには鞠子の死は訪れそうです。

以上、『SHOGUN将軍の最終回結末ネタバレ!ラストは鞠子が死ぬ?』でした。